« 直角と三角 | トップページ | 久坂葉子の小説 »

2023年11月 3日 (金)

グラナテック

11月1日(水)

今日は女子医大の日。眼科で診察をしてもらって、ひょっとしたら目薬を1種類減らすことができるかもしれない。

わたしは右目の眼圧が高くて、2種類の目薬をつけている。眼圧を抑える目薬はたくさんあるのだが、わたしが点けているのは、グラナテックとコソプト・ミニという2つ。ご存じの方もいるかもしれないが、眼圧の目薬をつけると睫毛が速く伸びる。なかには睫毛を伸ばすために眼圧の薬を欲しがる人もいるようだが、そういう処方の仕方はない。

わたしの場合、睫毛が伸びるだけでなく、変な方向に曲がってしまうので、逆さ睫毛になってしまうのだ。

で、今日の受診の3日前からグラナテックを止めている。眼圧が高くなければコソプト・ミニだけでいいことになる。わたしの勘なのだが、逆さ睫毛の原因はグラナテックであると睨んでいる。そうなったら嬉しいなあ。

視力検査と眼底撮影とかの検査がいつもより早く終わった。時間を見ると1時45分。2時から診察の予約が入っているのだが、診察はだいたい1時間待ちなので、あと1時間以上待つことになる。

中待合に入らず、外の椅子に座っていると、事務の人が吉岡さーんと呼ぶので、はいと返事をすると、もうすぐ呼ばれますよう。と教えてくれる。

中待合にはいるとすぐに、吉岡さーんと呼ばれる。あ、陳先生だ!

担当は内村先生のはずだが、陳先生が居るので内村先生は遠慮することになる。陳先生には逆らえないのだ。

目薬を止めるかどうかの話をする。今日の眼圧は高くないので、とりあえず止めることになる。(やったー!)

今は眼圧が12とか13なので大丈夫だが、次回の診察前に眼圧が17とか18になったらすぐに目薬を再開するように。まだ安心できないわよ。

12月に視野検査、来年の2月に診察の予約を入れる。

コソプト・ミニだけ点けて、逆さ睫毛が生えてこなかったら、逆さ睫毛の原因はグラナテックである、ということになる。瞼の手術もしなくていいことになる。

わたしはニコニコして診察室を出る。

陳「また来年ねえー」

11月2日(木)

今日は一日休み。グラナテック中止のお祝いをしよう。

蕎麦屋さんで天せいろを食べて、喫茶店でアイスコーヒー。そのあとマッサージへ。

ようやくのんびりすることができた。

また明日からがんばらなくては。

|

« 直角と三角 | トップページ | 久坂葉子の小説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直角と三角 | トップページ | 久坂葉子の小説 »