« ガリガリ君に助けられる | トップページ | ざね君 »

2023年11月27日 (月)

石倉仁一郎展スタート

11月25日(土)

ナガクボ氏の搬出があっという間に終わったので、石倉さんの展示もすいすい進んだ。わたしと二人で2時間。ちょっと疲れたな。

こんなことを言っては何だが、石倉さんの作品は少しずつ「大人」になってきている。ちょっとずつ空間に深みが出てきている。ブルーの作品が秀逸である。これから期待ができる。若手というわけではないけどね…

11月26日(日)

マッサージ。生き返った。

コーヒーポットを購入。ギャラリーにポットが割れてしまったのだ。割れたのではなく割ってしまったのだけどね。流しに置いてあったポットの上に洗いかごが落ちて来たのだ。このごろ何でも落ちてくるのである。何もしていないのに落ちてくるのである。誰かの陰謀としか思えない。頻繁にものが落ちる。困ったものだ。

11月27日(月)

ギャラリーに着くとすぐに荷物が届く。何だろうと思って見てみると、薬局からだった。インスリンが入っている。そうか、このあいだ薬局に充分なインスリンが無くて、あとで送りますと言っていたのを思い出した。

倉重光則が個展DMを持って現れる。来年の案内状である。ステップスとアトリエ・Kの2か所でやるのでる。

☆倉重光則「真夜中の白い正午」

2024年1月8日(月)- 20日(土)

Steps Gallery

☆倉重光則「「カオスの裂け目」

2024年1月16日(火)- 2月4日(日)

ATELIER・K

吉岡もやります。

吉岡まさみ「secret memory」

2014年2月10日(土)- 25日(日)

ATELIER・K

浜田浄がかなり久しぶりで来廊。

「普通に歩いてるだけで息が苦しくなるんだよ」

階段も大変らしい。

さて、わたしはこれから石倉さんに留守番を頼んで買い物に行こう。

段ボールとかプチプチエアキャップとか買ってきて、アトリエ・K用の作品を梱包しなくてはならない。

 

 

|

« ガリガリ君に助けられる | トップページ | ざね君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガリガリ君に助けられる | トップページ | ざね君 »