« 宮田徹也の纐纈令展評 | トップページ | 十河さんは元気です »

2021年9月16日 (木)

ミラン・トゥーツォヴィッチ回顧展

一週間前、ミランが学生時代に作った彫刻作品の除幕式が行われました(ミランは大学では彫刻科にいたのです)。セルビアのボジェガにあるミランが卒業したエミリア・オストイッチ小学校に設置されました。彫刻はセルビアのノーベル賞作家、イヴォ・アンドリッチの肖像です。石膏像をボジェガ市が資金を出してブロンズ像にしたそうです。

詩人のヴォイスラヴ・カラノヴィッチの司会で、いろんな人がミランの思い出を語っています。

映画評論家、スルジャン・ヴチニッチ

翻訳家、山崎洋

詩人、山崎佳代子

民謡歌手、ラディシャ・テオフィロヴィッチ

https://www.youtube.com/watch?v=Rza4hziaCUQ

最後は、ミランの娘さん、ヨヴァナとボヤナがアンドリッチの言葉を刻んだプレートを台座に取り付けて終わったようです。

男の子と女の子がパフォーマンスをしていますが、男の子がミラン役。

回顧展も行われます。9月23日から、ベオグラードのセルビア国営放送局ギャラリーで。

241995956_2412159062249467_9175348994968

 

 

 

|

« 宮田徹也の纐纈令展評 | トップページ | 十河さんは元気です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮田徹也の纐纈令展評 | トップページ | 十河さんは元気です »