« ロボット化 | トップページ | 失敗がつづく »

2020年5月17日 (日)

ローラーがけ

作品制作を続けている。絵の具を筆で塗る作業が終わったので、今日からローラーを使って、地の部分を塗っていく。ここからは筆でなくてローラーだけでの作業である。西城秀樹の「ローラ」などをローオーラアー!とか口ずさんでみたいがやめておく。

図の部分が緑青の作品を選ぶ。反対色はオレンジだからオレンジ系でいきたいが、あからさまな補色だとおもしろくないので、黄色にする。

Photo_20200517134501

白を大量に入れて混ぜる。しつこく混ぜる。混ぜ方が足りないと、混ぜ残した部分があとで画面に広がったりするので、何十回も混ぜるのである。ここで手を抜くと痛い目に遭う。水も入れる。水の量も加減が難しい。入れすぎると、ローラーをかけたときに、ゆるくて彫刻刀で彫った溝に絵の具が入り込む。そうすると、もう取り返しがつかなくなり、「失敗」ということになる。水が足りなくても絵の具がうまく伸びない。

黒をちょい足し。

Photo_20200517134801

ふつう、ローラーがけは、板の上に絵の具を載せてその上をローラーをころころ転がして絵の具をつけるのだが、それだとうまく行かない。アクリル絵の具は水性なので、なかなかスムースにローラーに巻きついていかないのだ。油性インクだと簡単なんだけどね。それで、絵の具を筆で直接ローラーに塗りつけたりするのだ。

Photo_20200517135501

これを段ボールの上で転がす。段ボールは適度に水分を吸ってくれるので、具合がいいのである。ローラーに絵の具がついてるの?というくらい、ごくごく薄く塗っていく。少しずつ、少しずつやっていくのである。前回の同じ技法の作品では、地の部分の色が図の部分よりも濃い色を使ったので、作業はやり易かったのだが、今回は地の部分を薄くすることにしたので、下塗りの色を消していくのが、至難の業なのである。

Photo_20200517135801

これを何回も繰返す。

これで3回塗りくらい。

1_20200517135901

さらに10回くらい塗っていき、ようやく完成。

Photo_20200517140101

今日はこれで作業終了。あと片づけをしてローラーを洗うと、ローラーが完全に乾くまで時間がかかるので、連続で作業ができないのである。

まあまあの出来ではないだろうか。

Photo_20200517140301

本屋さんをうろついていたら、見田さんの本を見つけたので買う。

見田宗介 『社会学入門』 (岩波新書)

Photo_20200517140801

三田さんはとても面白いので、文庫や新書はすぐに買ってしまう。社会学者なんだけど、いろんなジャンルを渡り歩く。『宮沢賢治-存在の祭りの中へ』 と『時間の比較社会学』 は特に面白かった。

三田さんの謎があって、この人は本を書くときに、二つの名前を使い分けることなのである。見田宗介のほかに、真木悠介という名前でも本を書いている。なぜそうするのかはわからない。もし、みなさんこれから彼の本を読もうとするときは、見田宗介と真木悠介は同一人物であることを覚えておいたほうがいい。で、この本のあとがきにこんな個所があったので、真木悠介という名前は、娘さんの名前から作り出したものであることがわかった。

「資料の整理とグラフの作成、パソコンへの打ち込み、等において、子どもたち(朱子、悠子、真木子)の、楽しい協力を得た。」

三田さんは今83歳で東大名誉教授であるのだが、コンセプトということばを、正しく使ってらっしゃるので、わたしはますます信頼してしまうのだった。

「…ホビの言葉では「時間」というコンセプトはなく、近代文明を形成してきた諸文化の言語のように「過去/現在/未来」という基本的な「時制」もなくて…」

コンセプトということばに出会ったら、概念という日本語に置き換えてみるとよい。そのまま意味が通じるなら、その使い方は正しくて、なんだか変だなあと思ったら、そのコンセプトという語の使い方は間違っているのである。

 

|

« ロボット化 | トップページ | 失敗がつづく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロボット化 | トップページ | 失敗がつづく »