« 宇野千代の艶 | トップページ | 木にペンキを塗る »

2020年4月28日 (火)

ステイ ギャラリー

4月28日(火)

今日は、印刷のあがったDMが届くのと、ヤマトの集金があるので、ギャラリーに来た。

ギャラリーに居ると落ち着く。ギャラリーに一人で居るのは、ステイ ホームといっしょである。ステイ ギャラリーである。

届いたDMは2つ。FAVORITE とわたしの個展のDMである。

Dm2

FAVORITE展はなんとしてでもやろう!と思っている。上のDMがFAVORITEで、下が吉岡のDM。

5月25日からの一色映理子展もなんとか開催したい。一色さんは、開催が延期になってもかまいません、おまかせしますと言ってくれているが、ギャラリーはやっぱり展覧会をやってギャラリーと言うのである。

今日はこれからDMの発送準備とかいろいろやることはあるのだが、自分の作品を並べてみた。スクラッチドローイング20点のうち、「彫り」が16点完成した。

16

これから、これに着彩するのだが、絵具が足りないので、作業は連休明けになるだろう。

1_20200428132201

三木 卓 『若き詩人たちの青春』(河出文庫)を買って読み始めた。こういう鬱々としているときは、こういう本が楽しい。

Photo_20200428132901

著名な詩人たちも、みんな思いきり貧乏なのである。裕福な詩人なんて聞いたことがないし、みんな生きていくだけで必至なのである。詩だけで食べていたのは谷川俊太郎くらいだったろう、と書いてある。黒田喜夫(クロダキオ)という詩人がいる。わたしも昔は現代詩文庫を何冊も買って読んでいたが、黒田喜夫も読んだはずである。三木卓によると、黒田は、山形県の寒河江出身だという。

へえ!そうだったんだ。いつか黒田の詩集を見つけたら、また読んでみたいものである。

 

 

|

« 宇野千代の艶 | トップページ | 木にペンキを塗る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇野千代の艶 | トップページ | 木にペンキを塗る »