« 郷戸一行展 | トップページ | ヂゴク イコウ »

2018年9月10日 (月)

郷戸一行のイメージ

9月8日(土)

甲斐千香子展最終日。今週も暑かったのだが、甲斐展のお客さんは元気にギャラリーに来てくれた。本人も毎日詰めてがんばったのである。甲斐さんは固定ファンがつき始めているので、さらに作品を展開していく必要があるだろう。

郷戸一行展の搬入。

お手伝いに一人女の子がついてきているのだが、聞いてみると、高校の教え子で、今年、茨城大学に入ったのだそうだ。郷戸くんの教え子で唯一美術系に進んだそうで、やはりそれは嬉しいだろう。わたしは、4年生になったらウチで個展をやりなさいと言う。

こんな感じに展示が終了。

Photo

搬入後、教え子にご飯をおごりたい、肉がいいというので、焼肉「でですけ」の場所を教えて、わたしは一人で中華「ヤンヤン」に行く。

Photo_2

「お一人様」はなんか寂しいのではないかと思われるかもしれないが、わたしはちっとも寂しくはなく、一人で気楽に食事するのが好きなのである。

ヤンヤンの中国人のおばさんを最近見かけないがどうしたんだろう?中国に帰っちゃったのかな?代わりに若い中国人の女の子が二人、元気に働いている。

わたしは生ビールと餃子を一皿注文する。

ビールをぐいとあおって、煙草をふかしていると餃子が来る。ヤンヤンの餃子は大きいので5つ食べるとけっこうお腹がいっぱいになる。太宰治の文庫本を読みながらゆっくり食べる。

本の中に見つけた一行。

「よく笑う人は、よく泣くのではないか。」

太宰は忘れてはならない作家だ。

餃子だけでは、インスリン注射を打つから低血糖になる。なにか他にお腹に入れなければならない。五目冷やしそばを食べたいのだが、あれは量が多すぎて食べきれない。で、メニューを見たら、サラダ冷やしそばというのがあった。うん、これだ。さっそく注文する。煙草をもう一本吸っていると、サラダそばが到着する。おお、サラダだ。レタスとトマトと胡瓜が満載である。人参もある。麺が見えない。さっそく食べてみる。う、、美味しい。途中まで食べて、なんか物足りないと感じたのだが、あ、カラシだ。カラシが足りないのである。わたしは中国人の店員を呼んでカラシを持ってきてほしいと言う。すぐに皿にカラシを載せて持ってきてくれる。スープにカラシを溶かして味わうと、これだよこれ!やっぱりカラシがうまいのである。これが米沢だったら、さらにマヨネーズを加えるところなのだが、ここは我慢である。と、ごちゃごちゃ考えながら麺を啜っていると、中国人の若い店員がわたしのテーブルに来て

「あの、すいません」

「なに?」

「その本、見せてもらっていいですか?」

と言う。

「いいよ」

「かわいい!」

文庫本が小さいのと、表紙の絵が綺麗だったからかわいいと言ったのだろう。日本人のかわいいと同じ使い方をしている。

「読める?」

「うん、ちょっと難しい」

「日本語勉強してるの?しゃべるのはできるかもしれないけど読んだり書いたりは難しいんじゃない?」

「できるよ。読むと書くはできる。でも聞くが難しい」

「へえ」

ヒアリングが苦手なのね。

「たとえば、大丈夫という言葉ね、あれは中国では……なんて言うのかな」

「ああ、元気でたくましい男ってことでしょ?」

「そうそう!」

「日本でもね、昔はそういう意味だったのよ。だけどだんだん意味が変ってきてオーケーという意味になっちゃったんだな」

「難しいね」

「がんばって勉強してね」

9月10日(月)

個展初日。

明日から涼しくなりそうだから、たくさん来てくれるといいなあ。

「archetype ‐circulate‐」 屏風・和紙・箔・胡粉・墨 136×128cm 2018 ¥450,000

Photo_3

樹の幹のような形、水などをモチーフにしているようである。確かな技術と真面目な姿勢が感じられる。

「archetype -fall-」 紙・岩絵具・墨 53×45.5cm 2018 ¥80,000

Photo_4

「archetype -nuclear- 3」 和紙・箔・胡粉・墨 22.7×15.8cm 2018 ¥8,000

Photo_5

nuclearは核という意味であるが、郷戸はそれをイメージとして提出している。モチーフをそのまま表出するのではなく、咀嚼して消化してから描くのである。真面目である。

この上に「毒」が盛られると、さらに強烈になるだろう。

こんな作品も持ってきた。

Photo_6

「雲丹型土器」 オーブン粘土・箔・塗料 2018 ¥4500

Photo_7








|

« 郷戸一行展 | トップページ | ヂゴク イコウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/67151471

この記事へのトラックバック一覧です: 郷戸一行のイメージ:

« 郷戸一行展 | トップページ | ヂゴク イコウ »