« セルビアの風 | トップページ | 古川巧の年輪 »

2018年7月21日 (土)

古川巧展は熱いぞ

銀座駅のセブンイレブンに寄って、お茶の大きなペットボトルを4本買い、ギャラリーまで運ぶ。毎日暑いので、お客さんにお茶を出さないと倒れてしまうからだ。いつもはお茶を出すと、一杯だけ飲んで、「ごちそうさまでした」と言って帰っていくのだが、このところ、みんな2杯、3杯と飲んでいく。さぞかしお茶をたくさん用意しなくてはならないと思うかも知れないが、じつはそうでもない。なぜかというと、暑くなると、それだけお客さんが減るので、とんとんなのである。

気温30℃だと、お客さんはふつうに訪れる。32℃になるとお客さんは減る。33℃、34℃になると、銀座の人通りもまばらになり、さらにお客さんは減っていく。35℃に近くなると、ほぼゼロである。

ところが、今年はいつもと様子がちょっと違っているようである。34℃でもお客さんはゼロではないのだ。昨日なんか十数人も来た。

わたしの勘では、日本人は暑さに慣れてきたのである。

昔、サイパンに行ったときに、現地のガイドさんが、気温30℃だったのだが、「今日は涼しいです」と言っていて驚いたことがあるが、日本人も30℃を涼しいと言いかねないくらいになっているのではないかと思うのである。

来週も猛暑が続きそうであるが、古川巧の熱い作品のパワーで、暑さを吹っ飛ばすのである。

Photo

小品が38点並ぶ予定。

古川さんはベテラン作家。ステップスでは初個展である。

作家は(火)・(木)・(土)に在廊予定。パーティーはやりませんが、作家が居る日は飲んでると思います。

霜田誠二の「ニパフ」がボランティアを募集しています。興味のある方は、メールで問い合わせたり、申し込んだりしてみてはいかがでしょうか。

「ニパフ・ボランティア&インターン&出演者募集」

ニパフ(日本国際パフォーマンス・アート・フェスティバル)では、現在ボランティア&インターン&出演者を募集しています。貴重な経験になると思います。現在世界各地で活発な動きが起きているパフォーマンス・アートを1993年から日本で開催し、すでに50カ国400名以上を招聘しているニパフ。これからも11月には韓国のパク・ジュヨンさん(写真)、ソロ日本ツアーや来年1月にはミャンマーへのツアー、そして3月には第24回ニパフ国際を東京・大阪・長野などで開催します。希望者は、1.氏名、2.現職(詳しく)、3.略歴、4.志望動機 をお送りください。

e-mail  nipaf@avis.ne.jp

Photo_2

船木 亨 『現代思想講義』(ちくま新書)も読み終わりそうなので、つぎに読む本を探さなければならない。

船木さんのことばは、わかりやすく、しかもどこかに希望がある。

「今日イノベーションが大切だといわれ、新たな知識を獲得すべきだと盛んにいわれているが、それを妨げているのは、やる気のない若者や、個性を認めない組織や、出る杭を打つ世間なのではない。発明も芸術も理論も、天才や天啓から生まれてくるのではなく、他方、デカルトのいう方法や枚挙から生まれてくるのでもなく、そのひとの生き方から生まれてくる。その生き方とは、マイナーであるということである。

 群れは外部と内部をもっており、外部の個体との 出会いが可能になるためにはマイナーであることが必要である。自分とは異なったものを認め、「もしあなたがわたしであったら」と、みずからそれであるかのように想像することは、群れのなかでは「異例のもの」、マイナーになることである。」

「思考するのは、性格や能力によるのではない。思考するタイプのひとがいるのでもなければ、思考するのが得意なひとがいるのでもない。思考するかどうかは、そのひとが置かれている状況による。すなわち、事故にあったり、病気になったり、あるいはいじめや失恋など人間関係の縺(モツ)れに出会ったなら、ひとは思考せざるを得ないであろう。思考するとは、簡単にいえば、群れから出ようとすることなのである。」

|

« セルビアの風 | トップページ | 古川巧の年輪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/66964408

この記事へのトラックバック一覧です: 古川巧展は熱いぞ:

« セルビアの風 | トップページ | 古川巧の年輪 »