« ブランカ展パーティー | トップページ | ポートレイト »

2018年6月 4日 (月)

高橋ブランカのポートレイト

今日から、高橋ブランカ写真展スタート。

Photo

彼女がロシアに滞在していた頃に撮った友人のポートレイトである。

Photo_2

どんな写真でもそうなのだが、特にポートレイトは、撮られた被写体の人物よりも、それを撮った作家の人間性が問われてくるので、とても難しいのである。

ブランカさんは社交的で、よく喋るし、楽しく明るいので、撮られた人たちは彼女に乗せられてしまっているのがよくわかるのである。

Photo_3

それにしても、日本人の写真家の撮るポートレイトとはどこか決定的に違うところがある気がする。

油絵でもそうだが、日本人の描く油絵と、たとえばヨーロッパ人の描く油絵は、根本的に何かが違っている。

これって何なんだろうね。

「Sleepless in Russia 3」 ¥60,000

4

ブランカさんはポートレイト以外にもいろいろな写真を撮っているが、今回はポートレイトだけにした。写真はわたしが選んだ。

「Sleepless in Russia 13」  ¥40,000

Photo_4

タイトルのSleepless in Russiaは、全部夜中に撮った写真だからである。「ロシアの眠れない夜」なんていうふうに訳すとかっこいいぜ。

「Sleepless in Russia 9」  ¥40,000

Photo_6

「Sleepless in Russia 18」  ¥50,000(額込)

Photo_7

小説を2冊販売しています。

「東京まで、セルビア」 

「クリミア発女性専用寝台列車」

各¥2,000

Photo_9

一昨日の土曜日、わたしはギャラリーに泊まった。佐藤全孝さんの搬出が終わったあと、ブランカさんの展示もちょっとやってから帰ろうと思って、始めたら、わりとスムースに出来たので、今日は半分やってから帰ろうと思った。ブランカさんの展示は全部わたしが好きにやることになっている。

調子に乗って、途中で写真を撮りながら、展示について解説もしようなどと考えたのだが、10時近くになったら、めちゃくちゃ疲れが出てきて、やっぱりやめたのだった。

銀座から地下鉄の乗って三越前にきたら、駅のアナウンスが、総武線が止まっているという。駅員に、今日は動かないでしょうかねと訊くと、そうですねえ…と要領を得ない。こういうときは早めに動いた方がいい。わたしは今日はギャラリーに泊まることに決めて、銀座に引き返す。セブンイレブンで、最後に残ったお弁当を買う。バナナとヨーグルト、パンと缶コーヒーも買う。

ビールを飲みながらお弁当を食べていると、ラジオのニュースで、今日の総武線の情報が流れる。幕張本郷の駅で、痴漢を疑われた男が鉄塔に登って降りて来ないということだった。やっぱり泊まって正解だな。ダンボールを敷いて、その上に毛布。寒くはないのでそのまま寝られる。午前1時に寝て、朝の5時に眼が覚めた。眠いけどバルコニーでコーヒーを飲んでから展示の続きをやることにする。

9時に終わる。

展示は、壁の1面だけを使うということは決めていたのだが、写真のグルーピングや順番などはその場で決めた。写真はマグネットで留めるので、これがかなり面倒なのだが、わたしはがんばった。1枚だけ別の壁面に「飛ばし」たり、対面には額に入れた作品を「受け」にしたりして完成。

ブランカさんから、午後にワインを持っていきたいと連絡があったが、わたしは帰りたかったので、ギャラリーの入り口に置いておくように頼む。

ヤンヤンで五目冷やしそばを食べてから電車に乗る。眠い!

さて、きょうはこれからパーティーである。

気合入れて乗り切ろう。










|

« ブランカ展パーティー | トップページ | ポートレイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/66794201

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋ブランカのポートレイト:

« ブランカ展パーティー | トップページ | ポートレイト »