« 短い春休み | トップページ | 筍御飯 »

2018年4月 4日 (水)

よく見る夢-勝又豊子

4月1日(日)

勝又豊子展の搬入。

すごく重いと聞いていたので、わたしは手伝わない。勝又さんのほかに男4人がいるので、搬入は全部お任せである。

Photo

大きな写真が2点と箱状の鉄板が1点。それぞれ40kgはあると思う。

映像作品はあるの?と訊くと勝又さんは、小さなビデオを鉄板の中に取り付けるけど、映像作品はないよ、と言う。わたしはこころの中で小さくガッツポーズをとる。なぜかというと、ビデオ作品の設置は時間がかかるからである。ビデオだから、プロジェクターで映すだけでしょ?と思うかも知れないが、ギャラリーで映像を流すと、プロジェクターを載せる台を取り付けたり、画面を壁面に合わせる作業が加わり、かなり大変なのである。ひょっとしたら、今日の搬入は早く終わるかも。

わたしは、みんなに作業を任せて、事務所に小品を展示する。

Photo_2

小品は写真である。今回の勝又さんのインスタレーション作品は、けっこう難解なので、こちらの写真の小品から紹介していこう。

「タンクと船」 写真・クレパス・試験管・蝋 20.5×27.5cm 2018 ¥40,000

Photo_3

なんでもない三浦の風景写真である。よく見ると、上部の三角形は、何かの影ではなく、クレパスで描いたものである。額の左側の取り付けてあるのは、理科の実験で使う試験管。中には色のついた蝋が流し込んである。

私事ではあるが、わたしは緑内障なので、両目にそれぞれ3回ずつ緑内障手術を受けている。緑内障がひどくなると、視野が欠けていく。欠けた部分は真っ黒になる。ど真ん中に発症すると真ん中に黒い影ができて、見えなくなる。わたしは、視野の下のほうがかけているので、日常生活ではほとんど気づくことがない。

勝又の写真は、なんだか緑内障のようでもある。ここで問題なのは、黒く欠けている部分は、風景の一部が欠けてしまったものなのか、それとも、欠けた部分は、わたしたちの視野の中にあるのかということである。

先月の個展で、日影眩の作品の「欠けた」部分についても言及したのだが、日影の作品の欠けた部分も、ひょっとしたら、欠けているのは風景ではなく、わたしたちの視野のほうが欠けていると考えることもできるわけである。

試験管と蝋と合わせてこの風景を眺めると、ちょっと怖い感じがする。

「屋根」 写真・クレパス 26.5×32.5cm 2018 ¥45,000

Photo_4

そうこうしているうちに、ギャラリー内のインスタレーションが終わったようである。やはりかなり早く終わった。明日も搬入かなあ…と覚悟していたのだが、一日で終了したので、かなりめでたい。

Photo_5

4月4日(水)

夏日になるようで、今日はかなり暑い。暑いお茶とか、コーヒーとかは用意しなくてよさそうである。

これは2枚の写真作品。

2

これがとても不思議な写真なのである。一言でいうと、絵のように見えるのである。近づいてじいっと見てもやはり絵としか思えない。

Photo_6

筆で描いた絵みたいでしょ?そして、なにかとても不穏なのである。

これはどうやって撮影したのか?

それは秘密、だそうである。何も加工していない写真なのである。

Photo_7

こちらは、テーブル状の立体作品。

Photo_8

四角い穴が開けられていて、その中に映像があり、それは、シリコンに埋まった顔なのであるが、海の中のようでもある。

Photo_9

この箱は棺に見える。

この写真2枚と、「棺」はペアで、インスタレーション作品なのであるが、さて、どういうふうに見たらいいのだろうか。

今日、ギャラリーを開けてからしばらくして勝又さんが現れたのだが、このインスタレーションのタイトルを考えてきたと言って、次のようなメモを渡してくれた。

「よく見る夢-沈黙」

と書いてある。

正直にいうと、ちょっとほっとした。ああ、夢なんだ。

夢ならどんなイメージでも受け入れることができるし、どんな状況が表現されていても、それなりに、なるほど、などとつぶやきながら、わかったふうな顔をできるからである。

しかし、これは言葉による、時間猶予であり、本当は、わたしたちは、勝又の見る夢に、入り込んで、その中で夢判断をしなければならないし、そこから、われわれに危機的状況を導き出さなければならないのだろう。

なぜなら、勝又の描き出す風景は、それが夢であるにしても、あまりに切羽詰っているように思えるからなのである。

勝又作品の不安は、じわじわと着実にわたしたちを侵していく。











|

« 短い春休み | トップページ | 筍御飯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/66574521

この記事へのトラックバック一覧です: よく見る夢-勝又豊子:

« 短い春休み | トップページ | 筍御飯 »