« ブレーメンの美術隊⑥ | トップページ | 金澤麻由子のパグ »

2017年9月 1日 (金)

ブレーメンの美術隊⑦ 最終回

8月15日(火)

ウテさんの「予定表」によると、今日はショッピングとフランスワインの試飲会である。

若者向けのゲストハウスである、われわれが泊まっているこの宿舎では、朝食が5.5ユーロで提供されている。わたしと倉重はこの朝食が楽しみだったが、他のみなさんは、どうせたいしたものは出ないのではないかと躊躇していたが、わたしが遅れて、エレベーターがないので、階段で4階から下の食堂に降りてみると、みんなすでに食べ始めていた。

コーヒー、ジュース、牛乳飲み放題。パン食べ放題。バター、ジャム使い放題。ハム、ソーセージ、果物、チーズ、これも自由にどうぞ。

なかなか良い朝食である。

わたしはアンパンのような形の大きなパンを食べたらお腹一杯になってしまった。わたしの隣に座った、ドイツ人らしい老婦人は、このパンを3個と、大量のハムやチーズを皿にいっぱい載せて平然と食べていた。

みんなはブレーメン市内にエイコさんとお土産を買いに出掛けたが、わたしはゲストハウスに残って休息をとることにする。疲れてしまっているのだ。

昼寝、煙草、読書、コーラ…

3時過ぎにみんなが戻ってくる。

さて、これからウテさんの家に行って、ワインの試飲会である。もちろんこれは夕食を兼ねている。

ブレーメンの駅から電車でオテルスブルグまで。15分ほど離れた郊外にウテさんの家はある。

駅でウテさんとアンドレアスが迎えに来てくれていて、車で移動。

ウテさんの家はとても広い。庭も広く、アトリエもたっぷりのスペースが取ってある。

Photo

奥の壁の棒は、壁に直接取り付けられたイーゼルである。知り合いの金属加工をしている人に特注したそうである。

みんなは、庭でくつろいでいるが、わたしと倉重は、ウテさんのアトリエを物色しながら、羨ましい羨ましいと唱えながら歩き回った。

Photo_2

左の梯子を昇るとパソコンとかコピー機とかが置いてある書斎である。倉重は本棚にアグネス・マーチンの画集を見つける。

「ウテさん、アグネス・マーチンが好きなの?」

と倉重か訊くと、その通りと答えるウテさん。

「やっぱりね」

と倉重とわたしは納得する。

俺はさ、*¥$&が好きなんだよな、とよく聞き取れないアメリカの作家の名前を挙げる。作家はさ、ものすごく好きな作家がいないとダメだよね、と言って

「吉岡は誰が好きなの?」

と不意に言うのでわたしは思わず

「ケネス・ノーランド」

とか正直に答えてしまった。

庭で試飲会が始まる。

Photo_3

ウテさんの知り合いで、フランスワインを専門に輸入しているおじさんが自慢のフランスワインを次々に注いでくれる。

Photo_4

一本一本、詳しい説明が述べられる。試飲会だからね。

アンドレアスが、ものすごく大きいソーセージを何本も何本も焼いてくれる。

いろんな種類が食べられて楽しい。白ソーセージも美味しかった。

Photo_5

みんな食べ終わる頃になったときに、ポツポツと雨が降り出し、たちまち土砂降りになったので、みんなでテーブルや食器を持って、家の中に避難する。

コーヒーを飲みながらみんなでおしゃべり。小川君は疲れ果てて、ソファーで寝息をたてている。

これはウテさんの猫。「吾輩は猫である」とは言わなかった。

Photo_6

そろそろ帰る時間である。ウテさんは一人に1本ずつフランスワインを持たせてくれた。

今回の展覧会は本当にウテさんがいろいろと準備してくれて、気を遣ってくれた。われわれが帰ったら寝込むのではないだろうか。

雨が止んだので、またオテルスブルグ駅までみんなで移動。

駅で電車を待つ。今日で、ウテさんとはお別れである。

電車がホームに入ってくるときに、また雨がザーッと降り出す。

電車からみんなで手を振る。雨が顔にもかかっていたので、ウテさんが泣いているかどうかはわからなかった。

電車でブレーメンまで戻り、一度宿舎に戻ると、みんなは再び夜のショッピングに出掛けた。

8月16日(水)

タクシーでブレーメン空港へ。

8:00到着。空港で朝食。

これでブレーメンの美術隊は解散である。

今回はオランダ航空ではなく、エールフランスで。ドゴール空港でトランジット。

CAさんにお茶をもらって、ダンケ、と言ったら、メルシーと返された。そうか、もうドイツではないのだ。

エールフランスのCAさんは若い女性が多く、ミランダ・カーがワインを注いで回っていた。

またしてもわたしは何度もトイレに行き、ときどき窓の外の風景を眺めた。

印象深い不思議な雲が見えた。

Photo_7


(おしまい)

|

« ブレーメンの美術隊⑥ | トップページ | 金澤麻由子のパグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65737286

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーメンの美術隊⑦ 最終回:

« ブレーメンの美術隊⑥ | トップページ | 金澤麻由子のパグ »