« ときどきお酒 | トップページ | ブログも夏季休暇 »

2017年7月31日 (月)

個展お礼

吉岡の個展も無事終了して、ギャラリーは夏休みに入りました。

暑い中おいでいただいた方には感謝いたします。

サイン帳には260人以上の署名があったので、実際の来場者は300人くらいかな、と思います。

作品も38点のうち、ちょうど半分の19点が売れました。

みなさん、ありがとうございました!

吉岡は金曜日からドイツに行ってきます。

テーピングインスタレーションの作品をアガーテンブルグ城に作ってきます。

11月には横浜のアトリエ・Kでやはりテープの作品を発表する予定です。

来年の個展では、ストライプではなく水玉の作品をステップスで発表します。

再来年の2019年はテープインスタレーション。

2020には再度カラード バーのシリーズを飾るつもりです。2020年にステップスギャラリーが存続していればですが…

まあ、脈絡なくいろんなシリーズをバラバラとやっていくつもりです。

作品の「一貫性」とか嫌いなのです。一貫性があるとなにが良いのかな?

どこが?なんで?

とわたしは訊きたい。

いろんな顔を持っているほうがポストモダンだと思っているわたしなのでした。

☆作品募集のお知らせ

「取手映画祭 2017」

映画祭開催日:2017 10月8日(日) 取手ウエルネスプラザ

ショート・ショートフィルム作品募集

大賞 10万円

応募期間:2017 7月24日~9月24日

入選10作品は映画祭にて上映。

問合せ:tel・fax 0297-72-8396 e-mail:toride.eigasai@gmail.com(染谷)

HP:toride-eigasai.webnode.jp

審査員

折笠 良(映像作家)

小泉 晋弥(茨城大学教授)

佐藤 時啓(東京芸術大学教授)

島田 忠幸(実行委員長)

谷 新(美術評論家)

藤井 信吾(取手市長)

松村 克弥(映画監督)

道川 昭如(カメラマン)

☆ゴッホの手紙

「われわれがこうして腰を落ちつけていれば、何時かわれわれにも勝利の日が訪れてくるだろう。人のうわさにのぼるような人間にはなれなくててもね。「内に苦あれば外に喜びあり」といった諺を、いくらか思わせるところがあるよ。

仕方がないさ、まだまだ戦わなければならないのだとすれば、ここでじっくりと機の熟するのを待たなければならないのだ。」

|

« ときどきお酒 | トップページ | ブログも夏季休暇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65603670

この記事へのトラックバック一覧です: 個展お礼:

« ときどきお酒 | トップページ | ブログも夏季休暇 »