« ゴッホの手紙 | トップページ | 個展お礼 »

2017年7月28日 (金)

ときどきお酒

連日暑さのなか、わたしの個展に来てくださった方がたには、本当に感謝いたします。あと2日ですが、がんばります。

早稲田大学の長谷見先生がまたお酒を差し入れてくれた。

名前はわからないが、コペンハーゲンと書いてあるのが左の壜で、右が、台湾の高粱酒。

Photo

コペンハーゲンは38度、高粱酒は58度と書いてある。べろべろに酔いたい方はお申し付けください。

今日はセルビア大使館からまたラキアの差し入れがあった。

なんだかステップスには強い酒が集まる。でも、本当はわたしはアルコールに弱いのである。少しずつちびちび飲むのがいいかもしれない。ゴッホは、コーヒーと煙草、それとときどきお酒が必要だと言っているし。

26日(水)に朝日新聞を駅で買ったのだが、わたしの個展記事は見つけられなかった。駅やコンビニで売っている朝日新聞は「東京マリオン」は抜いてあるらしい。まあ、しょうがないか…とあきらめていたら、山形東高時代の同級生からメールで、新聞に載ってたね…と連絡があった。早速、その記事コピーして送ってほしいと返信。さっきギャラリーに届いた。ありがたいものである。

さて、来週からギャラリーはお休みになります。わたしはドイツに行ってきます。

夏季休廊

2017 7月30日(日)-8月20日(日)

休み明けは佐々木敬介展でスタートします。8月21日(月)~

☆展示、イベント案内

「太田三郎―世紀の遺書」

8月7日(月)-19日(土)

コバヤシ画廊企画室(銀座3-8-12 ヤマトビルB 1)

「バザー」

2017 9月3日(日) 10:00-15:00

セルビア共和国大使館(北品川4-7-24)Tel.03-3447-3571

販売する品物:衣類、日用品、CD、DVD、日本、セルビアの民芸品、芸術品、食品

好天の場合はバーベキューあり。

参加されるかたは、身分証明書(運転免許証、保険証、パスポートなど)をご持参ください。

お問合せ:080-4117-6284(角崎悦子)

「セルビア民族音楽の夕べ」

9月6日(水)19:30~21:30(開場19:00)

セルビア共和国大使館

参加費:一般4000円、バルカン地域の国の方と学生2000円

演奏:Japalkan(ヤパルカン)

バルカン音楽を紹介している日本人のユニット

曲目:クストリッツァ映画音楽、セルビアやバルカン地域の民謡や踊りの曲、オリジナル曲(演奏時間 約75分)

演奏後、懇親会あり。

参加申込:メールでお申込みください。

secretary.tokyo@mfa.rs 

申込後に下記の口座に参加費を振り込んでください。

りそな銀行 中目黒支店

(普)1328673

セルビア日本音楽交流推進の会

問合せ:セルビア日本音楽交流推進の会 080-4117-6284

serbia-japan@hotmail.co.jp

Photo_2

『ゴッホの手紙』を読み進めているが、やはり面白くて、身につまされる箇所が多い。

「時々ひょっとしてもう少し余計に金を送ってくれたら、僕のためにではなく絵のために良い結果をもたらすのは受合いだ。僕には良い画家になるか悪い画家になるかどちらかしかない。そうしてもちろん前者を選ぶ。だが、絵画が必要とするものは、まるで破産させてしまう情婦のそれとおなじで、金がなければどうしようもないし、いくらあってもあまることはないものだ。だから、絵を描く仕事というものは団体の費用でおこなわれるべきで、画家が個人でその費用を負うべきものではないだろう。

だが、今のところはそんなことも言えまい、誰もわれわれに無理に描いてくれなどと言っているわけじゃないんだからね。絵画に対する無関心さは、残念ながらかなり一般的なしかも永久的な傾向なんだしね。」

「僕の描く絵はいつになっても値が出ないだろう、などと考えなければならないのは、実に憂鬱な見通しだ。せめてかかっただけの費用がとれるものなら、金のことは考えない、とうそぶくこともできように。」

「僕は毎日とても早起きして、昼も夜もよく食べ、疲れを感じないで断えず仕事ができた。しかし、われわれの生きている今の時世は、われわれの描いたものには値がつかないし、売れないばかりか、ゴーガンを見てもわかる通り、絵で金を借りようとしても誰も貸してはくれない。たとえそれが僅かな金額でしかも立派な絵でもだよ。だから当てのない生活に追い込まれているのさ。われわれの生きているあいだ、この状態は変らないんじゃないかしら。」

|

« ゴッホの手紙 | トップページ | 個展お礼 »

コメント

コペンハーゲンの方は、アクアヴィットです。スウェーデンの方が有名ですね。「生命の水」という意味です(確か、ウィスキーもそうだったと思います)。だるい時なんかにショットグラスくらいで飲むとカラダに良いらしいです。宮田さんには、暴飲しないように注意しないといけませんね。お子さん、育てなきゃいけないし。

投稿: 長谷見雄二 | 2017年7月29日 (土) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65590822

この記事へのトラックバック一覧です: ときどきお酒:

« ゴッホの手紙 | トップページ | 個展お礼 »