« 坂本美紗希の発色 | トップページ | FAVORITE 2017 スタート »

2017年6月29日 (木)

作品終了

わたしの作品がようやく終了した。個展3週間前に終わったからよしとしよう。

Photo

バルコニーの倉庫に入れてあるが、あとは組み立てとサイン入れだけなので、楽しんでやろう。やっぱり1年かかってしまったなあ。ストライプの幅とか間隔を測るための紙で作った補助具は思い切り捨てた。絵具も目につかないところに仕舞っておいた。しばらく制作から離れたい。

6月29日(水)

早く起きて出掛けようと思っていたが、やはりどうしても起き上がれずに家を出たのは午後だった。新宿の眼科で目薬をもらってから御茶ノ水に移動…だったのだが、新宿駅の地下街のイベントコーナーで古書フェアーをやっていたので、覗いてみることにしたが、これが間違いだった。古本も本なわけで、わたしは夢中になってしまって、出られなくなってしまったのだった。何軒か(たぶん20軒くらい)の古書店が共同でやっているイベントらしく、店ごとに特徴があって面白い。時間はどんどん経っていく。いい加減切り上げないと御茶ノ水に行けなくなってしまうと思いながら、それでもうろうろしていると、絵画のコーナーがあった。浮世絵の複製とかが額に入れられて展示されているなかに、池田満寿夫の版画とかもあった。古書店て、なぜか絵画とかも扱うんだよね。古書と古画か。

池田満寿夫の値段を見たら、2万円だった。池田の版画の本物が2万円で買えるわけはないので、これは複製である。でも素人さんは本物だと思って買ってしまうのだろうな。その隣に鶴岡政男の作品があった。え?こんなところに鶴岡政男があるのだろうか。肉筆画とあり、パステルで描いた絵のようだった。A4サイズくらいの大きさで、サインもちゃんと入っていた。でもタイトルはなかった。鶴岡政男の経歴とかも詳しく書いてあった。これはひょっとしたら掘り出し物では!?と思って値段を見ると9万8千円だった。微妙な値段である。わたしは眼を近づけてまじまじと作品を見た。神経質な細い線で抽象っぽい形態が描いてあるだけなのだが、わたしには本物に見えた。鶴岡政男の贋作って、たぶんないよね。そして欲しくなった。安いと思ったが、それでも買えなかったので、代わりに古い中公文庫を一冊買って出てきた。

買ったのは、村松梢風『女経』(中公文庫)1992年発行で380円と書いてあるものが、300円だった。後扉の内側に本屋さんのシールが張ってある。「中島古書店 横浜市中区北仲通4-45 松島ビル3-D」と書いてある。こういうのを読むのも楽しい。この本の書き出しは

「私は顔のまるい女が好きである。」

である。面白そう。

3

御茶ノ水に移動。「レモン画翆」で写真を拡大コピーしてもらう。50年以上前の小さな写真をB1サイズに伸ばしてもらう。これはドイツの展覧会で使うもの。安い紙でいいですといって2枚伸ばしてもらう。2枚で5000円。1時間で出来るというので、喫茶店で待つことにする。山の喫茶店「穂高」でレモンスカッシュ。『バルカン』(中公新書)を読みながら煙草を一服。この「バルカン」はめちゃくちゃわかりやすくて面白い。お薦めである。バルカンということばは、それほど古い言葉ではないらしい。せいぜい200年くらい前のもので、広く使われるようになったのは100年前くらいからだそうだ。斉藤茂吉がバルカンという言葉を使っていたから、日本でも知られていたようである。1500年ごろから2000年ごろまでの南東欧の地図がついていて、勉強になる。

まだ時間があったので、向かいの丸善に寄ってまた本を買う。井上荒野『さようなら、猫』(光文社文庫)

6月29日(木)

さっき、中村宏太さんが来た。この間のArt Cocktail2017で、金属板に(本物の)弾丸を撃ち込んだ作品を展示していた作家である。わたしは早速「おめでとう!」と言った。彼は今年の「アートオリンピア2017」で銅賞を獲ったのである。82カ国3828点の中の3位である。すごい。アートカクテルと同じ弾丸シリーズの作品である。ちなみに3位の賞金は200万円である。1位は1000万円だったかな。1位と2位は海外の作家なので、日本人では彼が1位である。期待の作家だね。

☆展覧会

来週のSteps Galleryは「FAVORITE  2017」ですが、7月5日(水)スタートになりますので、ご注意ください。8日(土)15:00~17:00パーティーをやりますので、お出かけください。作家さんも顔をだす予定です。ベルリン在住の川辺美咲さんと、ミラノ在住のミハイロ・カラノヴィッチさんは居ませんが、セルビア関係者は何人か出席します。セルビア大使館の秘書のティアナさんが、手作りのおつまみとデザートを用意してくれるそうです。

「FAVORITE 2017」

7月5日(水)-15日(土) 日曜休

参加作家:石原ケンジ/川辺美咲/佐藤全孝/達和子/田邉光則/ミハイロ・カラノヴィッチ

「瓜生 剛 展」

7/1(土)-9(日)

B-gallery(西池袋2-31-6)

「槙野 匠 展」

7/4(火)-9(日)

Galerie Ciel(水戸市見川町2434-1)

高島史於舞台写真展「5人の舞姫」

7/6(木)-12(水)

ストライプハウスギャラリー(六本木5-10-33)

「酒井 清一 展」

7/7(金)-19(水)

ギャラリー睦(千葉市中央区弁天3-8-11)

「長見 有方 写真展」

7/10(月)-15日(土)

巷房・2(地下) (銀座1- 9-8 奥野ビル)

「MICHIRU 作品展」

7/18(火)-27(木)

space 2*3 (日本橋本町1-7-9)

「大森梨紗子 展」

7/23(日)-31(月)

ギャラリー風(大阪市中央区北浜2-1-23)

|

« 坂本美紗希の発色 | トップページ | FAVORITE 2017 スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65472259

この記事へのトラックバック一覧です: 作品終了:

« 坂本美紗希の発色 | トップページ | FAVORITE 2017 スタート »