« うのぜみ2017 | トップページ | ドイツは遠いなあ… »

2017年6月19日 (月)

うのぜみ展スタート

今日からうのぜみ2017がスタート。

いつもながら、若い作家の作品には、なにかしら驚かされるものがあるものである。

Photo

Photo_2

宇野和幸 「Landscape of vestiges 6」 紙にシンナープリント、アクリル、墨、木、他 20×25.5cm 2017 ¥23,000

Photo_3

宇野さんの最近の作品は微妙に変化してきていて、画面がゆったりしてきたような気がする。これからさらに変化していくのを楽しみにしていたい。

國吉文浩 「世界は同時に存在する『茂』」 木に油彩、砂、エッグテンペラ 91×91cm 2016 ¥240,000

Photo_4

一見普通に描いた風景であるが、その風景の描写というよりも、世の中の見方が独特で面白い。

徳岡真帆 「左に行けばユンソナが助けてくれる。」 木にアクリル絵具、アクリル板 91.5×120cm 2017 ¥40,000

Photo_5

ね、面白いでしょ、若い人は面白いのである。最初これは「無題」だったのだが、無題じゃダメよとわたしが言ったので、こんなタイトルになったのである。

徳岡真帆 「おれのむら」 木にアクリル、バルサ材 8×8×7.5cm 2017 ¥15,000

Photo_6

今日は日射がすごくてどうなるかな…

でも、天気がいいので、楽しいパーティーになることだろうな。



 

|

« うのぜみ2017 | トップページ | ドイツは遠いなあ… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65431692

この記事へのトラックバック一覧です: うのぜみ展スタート:

« うのぜみ2017 | トップページ | ドイツは遠いなあ… »