« 7年め | トップページ | 無責任な泉 »

2017年5月 6日 (土)

銀座生活

ようく考えると、ゴールデンウィークなのにずっと作品作っているだけで、なんなんだかなあ…と思うのだけれども、銀座で制作しているというのも、贅沢といえば贅沢とも言えるのである。教員のときは休みにこうして制作していることは「休日」だったわけで、それは今でも休日であることに変わりはないわけで、一人でこつこつ作品作っていられることはありがたいことなのである。ずっとひとりで職人のように仕事をすることは、どうもわたしは好きみたいなのである。でも、山奥で誰にも知られずに居ることはどうなのかな。寂しくなってしまうだろうか。今一人で居ても、やっぱ一人がいいじゃんと思っていられるのは、ここが銀座だからなのかも知れないね。

7月の個展のために制作している「colored bar」は、全部で7色に色分けする予定でいて、連休明けには6色塗り終わっている予定にしていて、終わるかなあ、たぶん終わらないだろうと思っていたのだが、なんと勢いがついて、今日6日に終わってしまった。明日は休める!

5月2日は新宿の眼科に行ったあとでギャラリーに来たのだったが、時間がなくなって制作はしないで、日影眩さんの家に行く。

コレクターの中村徹さんが、日影さんちに行くというので、「吉岡さんもいっしょに行きましょうよ」と誘われていたのだった。日影さんは、ニューヨークから東京に住居を移したときに、いわゆるタワーマンションを購入して豊洲に住んでいる。

50階にはラウンジもあるんだよ、と日影さんに聞いていたので、タワーマンションというのはどんなものなのだろうかという興味もあった。

銀座4丁目からバスに乗って「日本ユニシス前」で降りると教えられていたので、深川車庫行きに乗り込むと

「吉岡さん!」

と声をかけられる。あ、宇野さんだ。なんという偶然でしょう。宇野さんも豊洲に住んでいるのである。

「吉岡さんが薦めていた本買いましたよ」

「元素の本?」

そうそう。『元素をめぐる美と驚き』のことである。宇野さんも興味があるみたいで、その話をしていると、彼は『元素生活』も買ったのだそうだ。先を越された!『元素生活』はずっと気になっていて、買おうかなあ、どうしようかなあ…と迷っていたのである。買わなくちゃ。

日本ユニシス前で宇野さんより先に下車。日本ユニシスの向かいにあるのが、日影さんが住むタワーマンションである。げ、高い。玄関まで日影さんの奥さんが迎えに来てくれる。エントランスは高級ホテルのようである。

マンションの中に24時間営業のローソンがあってびっくり。

中村さんは先に来ていて、すでにお刺身を肴に飲んでいた。

日影さんはマンションの部屋で制作している。来年の3月のステップス個展の作品も制作中であった。モチーフがニューヨークから東京に移ったわけだが、東京の風景も気に入っているようであった。

用意してもらったお刺身で手巻き寿司を作って、焼酎を飲みながら齧っていたら、ちょっと酔ってしまった。

50階のラウンジに移動。おお、すごい眺めである。

Photo

ここも24時間営業で、マンションの住人しか利用できない。

ビールを飲みながら、夜景を楽しむ。東京タワーとスカイツリーを同時に見られるというこの50階は贅沢すぎる。

真ん中の上方にあるのが東京タワー。

Photo_2

こちらはスカイツリー。

Photo_3

いやあ、ビールが美味かった。

さて、わたしは明日一日休んで、月曜日は菅沼緑展の搬入。緑さんは朝に岩手を出てくるので、昼過ぎから搬入作業かな。

どんな作品を持ってくるのだろうか。







|

« 7年め | トップページ | 無責任な泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65244072

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座生活:

« 7年め | トップページ | 無責任な泉 »