« すっぽん?? | トップページ | 誕生日 »

2017年3月20日 (月)

松尾夕姫のオーガンジー

今日から松尾夕姫展。

Photo


布を使ったインスタレーションを発表してきた松尾だが、次第に平面作品の中にその空間を閉じ込めるような作品に変化しつつあるようである。

Photo_2

作品はオーガンジーという布を使っている。ドレスを作ったりするときに使われる薄手の透けるものである。わたしは布とか服とかそういう関係に驚くほど疎いので、オーガンジーという単語も初めて目にするのだった。

木製パネルにミラーシートを貼り、その上にさらにオーガンジーを貼り込み、その上にアクリルで描いている。

「kept stay Ⅱ」 ミラーシート、オーガンジー、アクリル 45.5×45.5cm 2017 ¥30,000

Keptstay

こちらの空間がかすかに画面に映り込んでいて、描かれた色彩が浮いているような効果を発揮している。

「ambivalence Ⅰ」 ミラーシート、オーガンジー、アクリル 45.5×38.0cm 2016 ¥28,000

Ambivalence

これはさらにその効果がはっきり現われていて、いろんなものが映っていて見るわれわれが動くと背景の映り込んだ部分も動いていく。

松尾の作品は、映り込みを含んだ空間、動き、そこに立ち現れる「雰囲気」を表現しているのであって、地と図のような普通の絵画を描いているのではない。われわれが作品の前に立って初めて成立する種類の作品である。

「try to be either Ⅰ」 ミラーシート、アクリル 33.3×45.5cm 2017 ¥24,000

Trytobeeither

これはオーガンジーを取り払って、ミラーシートに直接描いているので、撮影しているわたしの姿がはっきり映っている。ちょっとどきっとするけど、なるほど、言いたいことは分かるのである。鏡面を使う作品は、いろんな人がやっていて、ことさら新しいわけではないが、それを敢えて使って勝負を仕掛けてくる若さは清々しいものがある。

「identity Ⅰ」 紙にオーガンジー、アクリル 53.0×41.0cm 2017 ¥32,000

Identity

この作品は逆にミラーシートを使わずに、紙にオーガンジーを貼っているので、映り込みはないが、そのぶん、オーガンジーがきらきらと光っている。大人っぽいね。

松尾が提示する「空間」に何を見て何を感じるのかは、見る人の気持ち次第である。

松尾さんは本日は一日在廊。明日は3時までギャラリーに居る予定です。最終日の土曜日も一日在廊します。










|

« すっぽん?? | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/65042555

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾夕姫のオーガンジー:

« すっぽん?? | トップページ | 誕生日 »