« マックのテーブルを拭く | トップページ | 大塚麻美の豪奢 »

2017年2月16日 (木)

プロになる

来週のステップスギャラリーは大塚麻美展ですが、そのなかで、わたしがトーク(レクチャーかな)をやりますのでお知らせします。

大塚麻美展

2月20日(月)-25日(土)

トーク 「プロになる」

2月23日(木) 18:00-19:00

Steps Gallery

入場無料・予約不要

内容

1.「プロ」の定義

  プロとはなにか?

2.作品の評価

  評価の観点

  誰が評価するのか

  誰に評価されたいのか

3.ギャラリーとはなにか

  美術館とギャラリーはどこが違うのか

4.個展とはなにか

  誰に見てもらうのか

5.美術を勉強する

  勉強の二つの方法

6.サマセット・モーム 『月と六ペンス』

  ゴーギャンの場合

このレクチャーは美大生や若手作家に向けたものですが、一般の方や、すでに活躍している作家さんにも、案外面白いかもしれません。興味があったら参加してみてください。

ひょっとしたら立ち見になる場合もあるかもしれません(ないと思うけど)が、1時間足らずですので、その際はご容赦ください。

東北芸術工科大学が、卒業生を応援するプログラムとして「アートウォーク2017」を企画し、銀座界隈の13画廊を会場としてそれぞれ個展を開催します。ステップスの大塚麻美展もその中の一つになるわけです。

大塚さんは昨年も同じ企画で個展をやりました。各画廊は毎年、それぞれ卒業生のなかから作家を選んで展覧会をするのですが、ステップスは2年連続で大塚さんを指名しました。なぜかというと、これから伸びる作家だと踏んだからです。

作品は来週紹介しますので、ご期待ください。

参加しているギャラリーをおしらせします。各会場を順に回っていくとそれぞれのギャラリーと選んだ作家の特徴がわかり、「ほう…」などと言いながら見ていくのも楽しいかもしれません。

ギャラリーツープラス

ギャラリー檜

アートスペース羅針盤

ぎゃらりぃ朋

藍画廊

GALERIE SOL

ギャラリーQ

K's Gallery

Steps Gallery

REIJINSHA GALLERY

ギャルリー志門

ギャルリ・プス

十一月画廊

そういえば、昨年の今頃、わたしは風邪だかインフルエンザかわからないが、とても具合が悪くてギャラリーで死んでいたのですが、今週のわたしもかなり調子が悪いのです。熱もそんなにないし、鼻水、くしゃみ、頭痛、なにもないから、これは風邪でもインフルエンザでもなく、ベーチェット病の「発作」のようです。

なんとかこれを乗り切らないと、来週寝込むことになったら大変なので、これは気合でなんとかしないといけないな。

|

« マックのテーブルを拭く | トップページ | 大塚麻美の豪奢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/576487/64901181

この記事へのトラックバック一覧です: プロになる:

« マックのテーブルを拭く | トップページ | 大塚麻美の豪奢 »